BBクリームの知識

BBクリームを塗った後の仕上げはどうしたらいいの?

投稿日:

 

「BBクリームを塗った後の仕上げってどうしたらいいの?」

そういう疑問はありませんか?

結論から言うと、BBクリームはオールインワンコスメなので塗った後の仕上げは不要になります。

ただ、不要だからと言ってしなくていいわけでもありません。
パウダーなどで仕上げをしてあげるとメイクの仕上がりがよくなり、持ちもよくなります。

なのでできるだけ塗った後の仕上げはした方がいいでしょう。

今回はBBクリームを塗った後の仕上げについてお話ししたいと思います。

BBクリームの仕上げは必要?

BBクリームは、美容液・化粧下地・ファンデーション・日焼け止め効果が一つになったオールインワンコスメなので、塗り終わった後の仕上げは基本的には必要ありません。

しかしBBクリームだけでメイクすると、お肌がベタつき、テカリやすくメイク崩れしやすくなってしまいます。

仕上げにフェイスパウダーを使用するメリット

BBクリームの仕上げにフェイスパウダーを使用するメリットを解説します。

メイクの持ちが変わる

BBクリームを塗った後、仕上げにフェイスパウダーを使用するとお肌をサラサラにし、余分な皮脂・汗を吸収してくれるので、メイクが長持ちします。

毛穴が目立ちにくくなる

細かい粒子が毛穴に入り込み、光の反射で毛穴を目立ちにくくし、キメの細かいなめらかなお肌に見せてくれます。

ポイントメイクが綺麗に仕上がる

フェイスパウダーを付けてお肌をサラサラにしてから、チークやアイメイクをするとムラにならず、綺麗に仕上がります。

BBクリームの後にはフェイスパウダー

BBクリームの後は、パフまたはブラシでフェイスパウダーをお顔全体にまんべんなく付けてベースメイクを仕上げましょう。

仕上げにパウダーファンデーションを使用するとどうなる

BBクリームには、ファンデーション効果が含まれているので、パウダーファンデーションを重ねてしまうと2度塗りになり、仕上がりが厚塗りに見え、メイク崩れしやすくなってしまいます。

ルースパウダーとプレストパウダーの違いって?

ルースパウダーは粒子が細かく、サラサラで軽い粉状のパウダーです。
プレストパウダーはパウダーを圧縮し、固形ファンデーションのようにしたパウダーです。

ルースパウダーの特徴

ケースに入った粉タイプのパウダーです。
主にBBクリームやリキッドファンデーションの仕上げに、パフやブラシに付けて使用します。
仕上がりはナチュラルで、お肌に艶を残しながらお肌の表面をサラサラなめらかに仕上げてくれます。ムラになりにくいので、メイク初心者の方にも使いやすくおすすめです。

プレストパウダーの特徴

固形のパウダーでコンパクトに入っています。
ルースパウダーよりカバー力が高く、薄付きなパウダーファンデーションのような仕上がりになります。
しっかりメイクに仕上げたい場合はパフを使用し、ナチュラルに仕上げたい場合にはブラシでつけて下さい。

コンパクトタイプなので持ち運びしやすくお化粧直しをするのにとても便利です。

フェイスパウダーの正しい使い方

続いてはフェイスパウダーの使い方についてお話しします。

メイクの仕上げに使う

ベースメイク(BBクリームやリキッドファンデーション・コンシーラーを塗った後)の仕上げにパフやブラシでつけて下さい。

化粧直しに使う

メイクの崩れやすいTゾーンなどは、メイクがよれた部分を油取り紙やティッシュでおさえ、皮脂を取り除いてから、パフやブラシでパウダーをのせてメイク直しをして下さい。

パフを使った時の塗り方とコツ

・ルースパウダーの場合

パウダーケースを手に持ち、パフとケースを指で押さえながら上下に振ってパウダーをパフに出します。

そのまま付けてしまうと1番最初につけた部分にパウダーがつきすぎ、よれやすくなってしまうので、手の甲でパフを馴染ませ余分な粉を落としてからパフ全体を使って、頬→おでこ→顎の順に軽くおさえるようにつけていきます。

メイクのよれやすい小鼻の部分はパフの角を使い、色々な方向(縦・横)から優しくパッティングするようにつけて下さい。
最後に乾燥しやすい目周り・口周りはパフに残ったパウダーで軽くおさえる程度で仕上げて下さい。

・プレストパウダーの場合

パウダーの表面を滑らせるように動かしてパフにパウダーをつけます。
手の甲でパフを馴染ませ余分な粉を落としてからパフ全体を使って、頬→おでこ→顎の順に軽くおさえるように付けていきます。

そしてルースパウダー同様、メイクのよれやすい小鼻の部分はパフの角を使い、色々な方向(縦・横)から優しくパッティングするように塗って下さい。
乾燥しやすい目周り・口周りはパフに残ったパウダーで軽くおさえる程度で仕上げて下さい。

ブラシを使った時の塗り方とコツ

・ルースパウダーの場合

ケースの蓋にパウダーを少量出し、円を描くようにブラシを動かし、まんべんなくパウダーを付けます。
そしてお肌に付ける前に、ティッシュにトントンとブラシをおさえるようして余分な粉を落としてから、頬→おでこ→顎の順に円を描くようにパウダーをつけていきます。
目周り・口周りは乾燥しやすくなるので、パウダーを軽くのせる程度で仕上げて下さい。

・プレストパウダーの場合

固くプレスされたプレストパウダーには、毛が固めのブラシを使用して下さい。
プレストパウダーの表面に円を描くようにブラシを動かし、まんべんなくパウダーをつけます。
そしてルースパウダー同様、お肌に付ける前に、ティッシュにトントンとブラシをおさえるようして余分な粉を落としてから、頬→おでこ→顎の順に円を描くようにパウダーをのせていきます。
目周り・口周りは乾燥しやすくなるので、パウダーを軽くのせる程度で仕上げて下さい。

パウダーの仕上げ

パウダーを塗った後、白浮きしたり、粉っぽく見えたりしますが、ミスト化粧水をお顔全体に軽くスプレーしてから余分な水分をティッシュでおさえると、パウダーがしっかりお肌に馴染みベースメイクが綺麗に仕上がります。

保湿することで乾燥やメイク崩れも防ぐことができます。

パフとブラシのお手入れをしておくようにする

フェイスパウダー用のパフやブラシを汚れたままで使用すると、メイクが綺麗に仕上がらないだけでなく、汚れでパフやブラシに雑菌が繁殖し、肌トラブルの原因になります。

パフやブラシは、専用のクリーナーやご家庭にあるもので簡単にお手入れ出来ます。

パフのお手入れ

パフは毎日必ず洗って下さい。

まずパフに専用クリーナーをつけ、優しくもみ洗いして下さい。
BBクリームやリキッドファンデーションであればこの作業で綺麗に落ちます。
コンシーラーなどの落ちにくい汚れには、クリーナーを追加し、汚れた部分だけ少しきつめにもみ洗いして下さい。
汚れが落ちたら流水でよくすすぎ、軽く絞ってからパフをタオルではさみ、しっかり水分をとって日陰干しして下さい。
専用クリーナーがない場合は、家庭用の中性洗剤やクレンジングオイルでも代用可能です。

パフは乾くまで時間がかかるので洗い替え用に2つあると便利です。

ブラシのお手入れ

ブラシは、私たちの髪の毛と同様しっかりお手入れしないと傷み、手触りが悪くなってしまいます。
ブラシは乾くのに時間がかかるため、毎日洗うのは難しいですが、1週間に1回は必ず洗って下さい。

まず水を含ませたブラシに専用クリーナーを直接付けて、馴染ませてからぬるま湯で汚れを洗い流します。
軽く絞ったら、タオルでおさえ水分を取り、コーム等で毛先を整えてから日陰で乾かして下さい。
ご家庭にあるものでのお手入れする場合は、ブラシの汚れをシャンプーで落としてから仕上げにリンスを使用するとツヤツヤで柔らかく仕上がります。

毎日のお手入れ

毎日洗うことができないブラシは、メイクで使用した後、必ず残ったパウダーをティッシュに落とし、こまめにコーム等でとかし汚れを落として下さい。

さいごに

BBクリームは美容液・化粧下地・ファンデーション・日焼け止め効果が一つになったオールインワンコスメですが、仕上げにパウダーを使用した方が、メイクが綺麗に仕上がり、化粧持ちがよくなります。

そして綺麗なお肌を作るにはメイクに使用するパフやブラシを清潔に保つこともとても重要になります。

あなたのお肌の状態や使用用途に合わせてフェイスパウダー・メイク道具を選んで下さい。

-BBクリームの知識
-,

Copyright© 今売れてる30代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.