BBクリームの塗り方

BBクリームでムラができる!ムラにならない塗り方など解説します

投稿日:

 

「BBクリームを塗るとムラができてしまう…」

そういう悩みの女性も多いはず。
あなたもそのようなことで悩んでいませんか?

主な原因は以下が考えられます。

・BBクリームの使用量が間違っている

・肌が乾燥しているなどスキンケアがうまくできていない

・スキンケアが肌に浸透する前にBBクリームを塗っている

上記の内容を解消してあげるとムラができないムラなく塗ることができますよ。

今回は「BBクリームのムラを無くす方法を解説」したいと思います。

それではどうぞ。

BBクリームの塗り方の基本

BBクリームは、お顔の中心部分から外側に向かってまんべんなく薄く伸ばして塗り、気になる部分には重ね塗りしてカバーします。
主に以下の様な塗り方があります。

・手

・スポンジ

・ブラシ(リキッドファンデーション専用ブラシ)

BBクリームは、手・スポンジ・ブラシのいずれかで塗りましょう。

BBクリームでムラができる原因とは

それではBBクリームでムラができる原因は何でしょうか。

BBクリームの使用量は合っていない

綺麗に仕上がらないと言われる方に多いのがBBクリームを出しすぎて厚塗りになり、よれてムラになってしまうことです。
カバー力の高いBBクリームをたくさん塗ると厚塗りに見え、崩れやすくなるので使用量には注意して下さい。

お肌の状態によって使用量を変える

BBクリームの種類によって使用量は異なりますが、ほとんどのBBクリームに使用量は、パール大や小豆大と記載されています。
記載させている使用量はあくまで参考です。新しいBBクリームを使う時は少量ずつ取り出し、仕上がりを見ながら自分のお肌に合う使用量を見つけて下さい。

お肌が乾燥して伸びが悪い

BBクリームは、お肌がしっかり潤っていると少量で綺麗に伸びますが、乾燥していると伸びが悪く、塗りムラができ、厚ぼったい仕上がりになってしまいます。
そして乾燥により出来たほうれい線や目尻のシワにBBクリームが入り込むことで、シワが目立ち、お顔を老けた印象にしてしまいます。

寝る前にしっかりスキンケアをする

「お肌のゴールデンタイム(22時〜翌2時)」はご存知かと思います。
この時間は、お肌のターンオーバーが活発になり、お肌に再生をうながす成長ホルモンがたくさん分泌される時間です。
お肌は寝ている間に修復されるので、寝る前のスキンケアでしっかり保湿することがとても重要になります。

スキンケアがしっかり浸透していない

スキンケアがしっかり浸透していない状態でBBクリームを塗ると、ムラができ、メイクが崩れやすくなります。
化粧水・乳液・美容液の後は、しっかりハンドプレスをして浸透させて下さい。
手が冷たい人は、少し手を温めてからハンドプレスすると浸透力が高まり、スキンケアの効果がさらに得られるようになります。

※時間がなくハンドプレスが出来ない時は、浸透していないスキンケアを軽くティッシュオフしてからBBクリームを塗ると綺麗に仕上がります。

塗った直後は綺麗だけど時間が経つとムラができるのはなぜ?

最初はムラがなく塗れているのに時間が経つとムラができるのはどうしてでしょうか?

BBクリームが均一に塗れていない

スキンケアがしっかり浸透してからメイクしていますか?
浸透していない状態でメイクを始めてしまうとBBクリームが均一に塗れません。
朝メイクをした時にBBクリームが均一に塗れていると化粧持ちが格段によくなります。
まずは朝のスキンケア方法を見直ししてみて下さい。

余分なBBクリームはティッシュオフ

BBクリームには美容成分が多く含まれているので、通常のファンデーションより油分の多く入っています。
乾燥肌の方は問題ありませんが、油分が多いためオイリー肌の人はよれやすくなってしまいます。しかしBBクリームを塗った後、余分なクリームをティッシュオフすることでかなり改善することが出来ます。

手で塗ると指紋がついたり線が入るのはなぜ?

「手の平全体を使って塗っている」

「BBクリームを指先だけで馴染ませて塗ってしまっている」

綺麗に塗れないと言われる方に多い塗り方です。
指先だけで塗ると指と指の間にBBクリームが入り込み、そのままお顔全体に伸ばしてしまうと所々にムラや線が出来てしまいます。部分的に厚ぼったくつき、しっかり馴染まないため指紋の跡が残ってしまいます。
手で付ける場合は、必ずBBクリームを手の平全体に馴染ませ温めてから薄くまんべんなく伸ばすようにお顔全体に塗って下さい。

粉っぽくなりムラができるのはなぜ?

粉っぽくなりムラができる場合もあります。
原因は何でしょうか。

BBクリームにはマットに仕上げるパウダーが入っている

BBクリームは、カバー力のある下地・ファンデーションのかわりのようなイメージがありますが、肌を守りながら欠点(傷跡)をカバーする目的で開発されたクリームなのでかなりカバー力があります。
カバー力がある分、メイクが崩れるとムラができたり、粉っぽく見えて逆にお肌が汚く見えてしまうという欠点があります。

BBクリームの色は合っていない

BBクリームは、ファンデーションと違いカラーバリエーションがとても少ないです。
種類によっては1色しかないものもあります。
首より白いものを使うと顔だけ白く粉浮きしたように見え、濃い色を選ぶとそれだけで厚塗りしているように見えてしまいます。
BBクリームを選ぶ時は、首の色に近いものを選んで下さい。

顔剃りをしていない

顔中に生えた産毛がスキンケアの浸透を妨げてしまいます。
そして産毛があることでBBクリームを塗っても密着せず、粉浮きしやすくなります。
月に1回は必ず顔剃りをしてください。

BBクリームの塗り方のコツ解説

それではBBクリームを塗るコツを解説します。

手で塗る場合のコツ

BBクリームを手の平にパール大出し、手を擦り合わせ温めながら手の平全体に広げます。
そして両手を優しく顔に当て、顔の中心から外側に薄く伸ばしていきます。
目周りのクマや、シミなどのカバーしたい箇所は、手の甲にBBクリームを少量出し、それを薬指でトントンとおさえ馴染ませてから、カバーしたい箇所に優しく塗り重ねて下さい。

スポンジでの塗り方のコツ

BBクリームを手の甲にパール大出し、スポンジで軽くおさえて馴染ませます。
頬骨の部分はお顔の中でメイクを重ねても一番よれにくい場所になるので、まずニコッと笑うと上がる左右の頬骨の部分にBBクリームを軽くおさえるように塗ります。頬骨の上でパフにしっかりBBクリームを馴染ましてから、頬全体→おでこ→顎→鼻→目周りの順番で塗っていきます。
スポンジに残ったBBクリームでカバーしたい箇所は重ね塗りして下さい。

筆で塗るコツ

ファンデーションブラシを使うとメイク初心者の方でも綺麗にムラなく塗れます。
まず手の甲にBBクリームを少量だし、筆に馴染ませます。そして筆を横にして、頬→おでこ→顎の順に優しく滑らせるように塗っていきます。
メイクのよれやすい鼻・目周りは、ブラシに残ったBBクリームで優しく撫でるように塗ります。カバーしたい箇所は、ブラシに残ったBBクリームを重ね塗りして下さい。

BBクリームの仕上げにはパウダーを使う

BBクリームが塗り終わったら、粒子の細かいパウダーで仕上げましょう。
細かいパウダーが小さな毛穴に入り込み、なめらかで綺麗なお肌に見せてくれます。
パウダーでお肌をサラッとさせることでメイク崩れがしにくくなり、お肌に透明感も出ます。
そしてアイメイクやチークが綺麗に仕上がります。

綺麗な艶肌に仕上げるには

少しラメの入ったパウダーをパウダーブラシで付けます。
パウダーブラシを使うことで毛穴やシワなどの小さな凹凸にムラなくパウダーが入り込み、厚塗りになりません。そしてラメがお肌に自然な艶感を出してくれます。

しっかりカバーして陶器肌に仕上げるには

しっかりカバーしたい時は、パウダーをパフで付けて下さい。
パウダーをパフで付けるとマットなお人形のような陶器肌になります。
色の付いたパウダーを使用するとファンデーションを塗って仕上げたような陶器肌に仕上がります。

ナチュラルで素肌のような仕上がりにするには

透明又は薄い紫で粒子の細かいパウダーをブラシでお顔全体に軽く付けます。
透明や薄い紫のパウダーはBBクリームの色を邪魔せず、透明感あるナチュラル肌に仕上げてくれます。

塗り直しをする時にムラにならないコツとは

メイク直しをする時、よれた部分に上から重ね塗りをしてしまうと厚ぼったく綺麗に仕上がりません。
清潔なスポンジに保湿クリームを付けてよれた部分を拭き取ってからBBクリームを塗り直すととても綺麗に仕上がります。

さいごに

いかがだったでしょうか。
BBクリームの塗り方についてご紹介させていただきました。
BBクリームは、肌の炎症をおさえながら、お肌の欠点をしっかりカバーしてくれ、時間をかけずにしっかりメイクが出来るとても万能なメイクアイテムです。
様々なメーカーから色々な種類のBBクリームが販売されています。
配合されている成分や色などをしっかり確認し、自分にぴったり合うBBクリームを見つけてください。

-BBクリームの塗り方
-,

Copyright© 今売れてる30代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.