BBクリームの知識

BBクリームは洗顔だけで落ちるの?クレンジングは必要?

投稿日:

 

「BBクリームって洗顔だけで落ちるの?」

なんてあなたは思っていませんか?

BBクリームにもさまざまな種類がありますが、洗顔だけで済ましていると肌トラブルの原因にもなりかねないかもしれません。
結論から言うと、クレンジングは必須になります。

今回は、BBクリームを落とすということについてご紹介したいと思います。

BBクリームは洗顔だけで落ちるの?

美容成分も豊富で肌に優しいイメージが強いBBクリーム。
スキンケアしながらしっかり毛穴カバーまでしてくれる優れものです。
忙しい女性、めんどくさがりな女性には心強い味方なのではないでしょうか。

万能アイテムBBクリームがクレンジング不要だったら鬼に金棒、まさに神アイテムですよね!
実際のところBBクリームは洗顔だけで落とせるのでしょうか?

クレンジング不要のBBクリームなら洗顔だけで落ちる?

一般女性のお悩みをQ&A方式で紹介されているサイトにて調査を行いました。
「BBクリームの、クレンジング不要っていうのは信用できるのでしょうか?」、「石鹸だけでメイクオフしているよ!という方がいらっしゃいましたらご意見をお聞かせ願いたいです。」、「石鹸のみでメイクを落とす上での注意点があれば教えてください。」などの質問が多数存在していました。
クレンジング不要のBBクリームに対して、洗顔だけで落ちるかどうか不安を抱いている女性は少なくないようです。

スキンケアしながらファンデーションの働きもしつつ、さらに日焼け止め効果まで発揮してくれる万能アイテムであるBBクリームは、多くの成分を含んでいます。

例えば日焼け止め効果を発揮させるための紫外線吸収剤が配合されていますが、もちろん紫外線吸収剤も肌にとっては負担です。
一昔前の安い日焼け止めは、膜感のある重いつけ心地だった事を思うと肌に負担がかかっていることに納得できるのではないでしょうか。

また、万能なのにつけ心地が軽いのもBBクリームの強みですよね。
それはシリコンという成分を多量に配合することで実現させている軽いタッチなのです。

さて本題ですが上記のように多くの成分を含んだBBクリームを完全にメイクオフしようと思うとクレンジングは必須です。
ただ、クレンジング不要タイプのものに限っては必須、というほどではありませんが洗顔だけでは顔に油分が残ってしまって完全にメイクオフするのは難しいです。
端的に述べるとすれば「落ちるけど残る。」といったところでしょうか。

というのも、BBクリームは肌に優しいと言われるオーガニックや無添加であっても着色のために油剤を必ず使用しています。
洗顔だけでは水性、つまり汗やホコリの汚れしか落とすことができません。
油性のBBクリームを落とすにはクレンジングが必要、ということになります。
さらに、BBクリームの上からチークやフェイスパウダーなどを重ねることを考えると、ぜひクレンジング剤の使用をおすすめします。

BBクリームを落とすためのクレンジングと洗顔のコツとは

クレンジングのコツ

ポイントメイクは先に落としておきましょう。
以下、クレンジング不要のBBクリームを使用した前提でクレンジングや洗顔のお話を進めていきますが、ポイントメイクに関しては全く別物です。
お肌には洗浄力よりも優しさ重視でクレンジングしても、そのクレンジングではポイントメイクは残ります。
特にアイライナーやマスカラはウォータープルーフタイプが主流ですし、流行の赤リップなど色味の強いリップなかなか落ちにくいです。

お肌に関してはクレンジング不要のBBクリームですから、クレンジングを使用すればスルスルと楽に落ちます。
ですからどんな種類のクレンジングを使うにせよ、優しくマッサージするようにオフするのが基本です。
あらかじめ手をお湯につけるなどして温めておくと、クレンジング剤とメイクのなじみがスピーディでお肌への負担が少なく済みます。

クレンジングはどんな種類がおすすめ?

ノンオイルのクレンジング、特にクリームタイプやジェルタイプをお勧めします。

オイルは洗浄力が強く、乾燥を招くことがあります。
がっつりメイクした日はしっかりオイルクレンジングしてあげたいものですが、クレンジング不要のBBクリームを使用している日にはクリームやジェルで十分です。

クリーム、ジェルがクッションとなり優しくメイクが落とせます。
ちなみにリキッドタイプもありますが、手なりコットンなりを使用する際に摩擦となるのでクリームやジェルほどお肌に優しくはないです。

先にお話ししましたポイントメイクのクレンジングには洗浄力の強いオイルクレンジングがちょうどいいです。
専用のポイントメイクリムーバーも売られていますので、オイルクレンジングかポイントメイクリムーバーを使えばウォータープルーフタイプのメイクでも負担なく楽に落とせます。
目元や唇は特に皮膚が薄いので決してゴシゴシこすらないように気をつけてください。

洗顔のコツ

クレンジング不要BBクリームを実際に使用したネットユーザーの中には、クレンジングを省く分、洗顔でしっかり落とさなくてはという気持ちから、薬用石鹸を使ったり、重曹を混ぜたりと工夫を凝らした意見が見られました。
ですがクレンジング剤の使用の有無に関わらず、しっかり泡立てることが重要です。
これが最もシンプルかつ大切な洗顔の基本です。

泡立ちが不十分ですと、手が直接お肌にあたり、摩擦になってお肌に負担がかかります。
しっかり泡立てることで泡がクッションとなりお肌への負担が軽減できます。
また泡と泡との隙間から汚れを絡め取って吸収するというイメージで洗顔がなされるので、きめ細やかな泡をしっかり作った方が汚れ落ちも良いです。

いくらクレンジング不要でも、たまにはごっそり毛穴の奥までケアしたい!ということであればスクラブ洗顔や酵素洗顔を取り入れてみましょう。
週1回程度行うだけで、毛穴の汚れや古い角質がすっきり落ちます。
次に使用する化粧水の吸収もよくなるので保湿効果も上がりますよ。

お湯はぬるま湯にすることも忘れてはいけないポイントです。
冬なんかに熱々のお湯でつい洗顔した時に、湯上りにお肌が突っ張るのを感じた経験はありませんか?
汚れ落ちがよくなるように温かいお湯で洗顔しがちですが、温かいお湯で洗顔すると必要な皮脂やセラミドなどのお肌が元々持っている保湿成分まで洗い流してしまいます。

ぬるま湯と言っても分かりにくいかもしれませんが温度で言えば32度がちょうどいいです。
少し冷たいかな?と感じる程度です。
この温度だと必要な皮脂や潤いを残しつつ、洗顔だけで余分な皮脂を溶かし出してくれます。

今夜の洗顔から泡立ちとお湯の温度、少し意識してみてくださいね。

BBクリームをちゃんと落とさないとどうなるの?

結論から申し上げますと、肌荒れが起きたり、肌の老化を加速させてしまいます。
そのしくみを以下の2つのポイントに絞って説明しましょう。

毛穴を塞ぐ

BBクリームをちゃんと落とさないことで、毛穴が塞がり皮膚呼吸が妨げられてしまいます。
皮膚呼吸ができないと新陳代謝が悪くなって古い角質がたまるようになります。
古い角質が肌表面のごわつきや粉拭き、くすみの原因なので肌は汚く見えてしまいます。

また、ちゃんと落とさないことで常に毛穴が開きっぱなしになり、毛穴が小さくなる機会がなくなってどんどん毛穴の目立つ肌になってしまいます。
毛穴の開きは肌老化の原因ですが、肌がたるんでくると今ポツポツと点で見える毛穴が伸びて、短い棒の形の毛穴になってさらに目立ってしまいます。

ちなみに一度広がった毛穴はそう簡単には元に戻りません。
収れん化粧水など引き締めアイテムを使ってのケアがありますが、使った時には引き締まりますがやがて自分の体温によってすぐ開いてきてしまいます。

そもそも毛穴を隠し、お肌を美しく見せたくてBBクリームを使っていたのに、毛穴を目立たせるのを助長してしまっては本末転倒ですね。

汚れを付着させたままになる

BBクリームを落とさないことは、BBクリームだけではなく同時にホコリ・細菌・汚れをお肌に抱えたままの状態でもあります。
汚れが酸化したり、ホコリ・細菌はニキビ菌や顔ダニの好物ですのでニキビや顔ダニが増加したりすることで肌荒れが悪化します。
具体的には炎症による赤み、かゆみ、ニキビ・吹き出物、色素沈着などです。

更に恐ろしいことに、肌荒れをケアして治しても、お肌の力自体が弱まってしまって美しく保つためのコラーゲンを失うことにもつながります。
ケアが正しくなされたお肌でも、日頃使っている寝具がBBクリームやお肌に残った汚れなどで雑菌が繁殖した状態だったらどうでしょうか。
BBクリームを落とさないことは思った以上にリスクが高そうですよね。

さいごに

BBクリームが洗顔だけで落ちるのかどうかを、BBクリームがそもそもどういったものなのか、クレンジング・洗顔の必要性などを踏まえて見てきましたがいかがでしたか?

忙しい時、面倒な時にBBクリームの便利さに甘えたいのもすごくよくわかりますが、しっかり落とすにこしたことはありません。
今回、たとえクレンジング不要であろうと、洗顔だけで済ませたり、メイクしたまま寝てしまっては肌へのダメージがあることがわかりました。
メイクの濃さや部位別に自分に合ったケアをしていきましょう。

未来の自分のお肌のために、今のお肌に手間をかけてあげてくださいね。

-BBクリームの知識
-, ,

Copyright© 失敗しない30代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.