BBクリームの知識

BBクリームとコントロールカラーの塗る順番はどうしたらいい?混ぜるのは?

更新日:

 

「BBクリームとコントロールカラーってどっちから先に塗ったらいいの?」

「BBクリームとコントロールカラーを混ぜちゃってもいいの?」

なんて疑問ありませんか?

コントロールカラーは、よく聞く化粧品だけど一体どんな効果があって、どのように使えばよいのか分からないという方も多いと思います。

今回はBBクリームとコントロールカラーについてまとめてみました。

それではどうぞ。

コントロールカラーとは

肌色が均一な人はいないはずです。赤ら顔だったり、ニキビ痕の色素沈着だったり、クマやくすみが気になったりと、肌色の悩みは多いです。
それらの悩みを色を使ってコントロールする事により理想の肌色に整えてくれる魔法の化粧下地です。

BBクリームとコントロールカラーの塗る順番は?

BBクリームとコントロールカラーの両方を使いたい場合は、どちらか先に使うか迷うと思います。
その場合は一番にコントロールカラーを使いましょう。
コントロールカラーは色補正して肌色を綺麗にしてくれますので、次に使うBBクリームも理想の肌色をキープした上に塗る事になるので、より綺麗に仕上がります。
BBクリームの使用量も少しで済むので、厚塗りしている感じがなくなります。

BBクリームにコントロールカラーを混ぜるのはありなの?

BBクリームとコントロールカラーを混ぜて使えたら便利ですよね。
実際混ぜて使っている方も沢山います。
BBクリームとコントロールカラーを混ぜると、カバー力が上がり、単品使いするより、よりファンデーションに近い感じになります。
混ぜて使う場合は、二つの質感が似たものを混ぜないと分離してしまいよく混ざらない場合があるので、注意しましょう。

そもそもコントロールカラーを使うメリットは何?

コントロールカラーは色むらやくすみなどを隠してくれるアイテムですが、カバー力もあるため、コンシーラーでカバーしてからリキッドファンデーションなどで仕上げる時よりも、ナチュラルで自然に仕上がります。
コンシーラーは部分的に使うスポット使いですが、コントロールカラーだと顔全体に伸ばせるため、広範囲にわたってカバーできます。

コントロールカラーの色の選び方とコツ

続いてはコントロールカラーの色の選び方について解説します。

イエロー

肌の全体的なくすみや、そばかす、血色の悪さをカバーしてくれて、元気な肌色にしてくれます。
また、特に肌悩みはないけれど、綺麗に見せたい場合はイエローを選びましょう。

ピンク

肌色の暗い印象をパッと華やかに見せてくれる効果があり、貧血ぎみだったり、色白の方で、血色が悪いと言われる方にオススメです。

グリーン

ニキビ痕や赤ら顔に効果があるカラーになります。
小鼻の辺りの赤みも補正してくれます。全体的に塗りすぎると白っぽく仕上がりますので、少しずつ伸ばしていきましょう。

オレンジ

目の下のクマを隠す事に適したカラーです。
顔全体が茶色にくすんでいる方にオススメです。

ブルー

元々が黄色い肌色で、くすみが気になる方にオススメなカラーです。
色白な方が使うと血色が悪く見えますので注意しましょう。

パープル

肌色に透明感を持たせてくれ、肌色が華やかになり、エレガントな雰囲気になります。
年齢層が高めの方に人気があるカラーです。

コントロールカラーを塗る時のコツ

・パール粒程度の量を手の甲に出す。

・指でなじませて肌と密着しやすくする。

・額、両頬、鼻先、あごの5点に置く。

・指全体で外側に向けて伸ばしていく。

・全体をスポンジでなじませて、最後にフェイスラインと首の栄目を目立たなくさせる。

沢山塗りすぎると、次に使うBBクリームやファンデーションがよれたり、崩れやすい原因にもなりますので、使用量を守る事が大切です。
特に隠したい部分には指先で重ね付けしても良いです。

さいごに

コントロールカラーを使う事により、自分の肌をより綺麗に見せる効果があります。
自分の肌悩みに合わせて自分に一番合ったコントロールカラーを見つけましょう。

-BBクリームの知識
-, , ,

Copyright© 失敗しない30代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.