BBクリームの知識

BBクリームとリキッドファンデーションって何が違うの?

投稿日:

 

ベースメイクの基本となるファンデーションですが、最近ではその種類や機能も増えてきて、新しい製品が次々に開発されているようです。
様々なファンデーションの中で比較していった場合に、BBクリームはクリームファンデーションとリキッドファンデーションの中間的な機能を備えているようです。
これから様々なファンデーションの機能とBBクリームの機能について一つずつ解説していきますね。

ファンデーションは種類は何があるの?

ファンデーションと一言でいっても、その種類は豊富で、成分やテクスチャーによって、それぞれのファンデーションの呼び名も変わってくるようです。
これから現在ファンデーションとして発売されている物の種類について、一つずつ紹介していきます。

リキッドファンデーション

粉1:油2:水7で成っています。
ベースの基材が乳液状になっているので伸びがよく、トリートメント性が高いのでみずみずしい仕上がり感が期待できます。
固形のプレストパウダーファンデーションに比べると、皮膚に浸けた時に伸びやすいので、皮膚表面の凹凸をカバーするのに適したファンデーションです。

クリームファンデーション

粉2:油2:水6で成っています。
リキッドファンデーションよりは油分を多く含んでいます。
テクスチャーがしっかりしているのでカバー力が高く、伸びもよくてトリートメント効果があり保湿力に優れています。
皮膚の凹凸や乾燥肌や皮脂が少ない混合肌の方におすすめのファンデーションです。

プレストパウダーファンデーション

粉9:油1で成っています。
粉を押し固められた固形状のおしろいの事です。
ファイスパウダーに比べると厚づきで、肌色を補整するのにおすすめのファンデーションです。
UV効果や美白効果、トリートメント効果のある物もあります。
脂浮きを抑える作用があり携帯に便利なので、時短メイクや化粧直しにおすすめのファンデーションです。

パウダーファンデーション

粉9.5:油0.5で成っています。
肌色を補整したり、皮脂が浮くのを抑える働きがあります。
パフよりはブラシで浸けた方が余分な粉もはじけて軽いタッチで仕上がり、化粧崩れもしにくいので、ナチュラルメイク派におすすめのファンデーションです。

ミネラルファンデーション

ルースタイプのファンデーションで、成分にマイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、シリカなどを使用しています。
天然由来成分がメインなので、長時間メイクしていても肌に優しいといったメリットがあります。

エマルジョンファンデーション

粉5:脂5で成っています。
油性タイプで肌への密着度が高く、水に強くエモリエント効果が高いファンデーションです。
化粧もちがいいので、携帯用や時短メイクにおすすめです。

スティックファンデーション

粉6:脂4から成っています。
肌への密着度が高くコンシーラー的な機能も備えているので、シミやそばかすを隠すのにも適しています。
水にも強いので、ばっちりメイクしたい方におすすめのファンデーションです。

BBクリームとリキッドファンデーションの違いって何?

それではBBクリームとリキッドファンデーションの違いは何でしょうか。
そのことについて解説します。

BBクリームとリキッドファンデーションではどちらが肌に優しいの?

BBクリームのBBは、Blemish balmの略で痛んだ肌を修復するといった意味があります。
それで成分には、やけどの修復効果のあるアラントインや、保湿効果の高いシアバター、抗炎症効果のある甘草エキスが配合されている物が多いです。
もしもこれらの美容成分が配合されていない場合でも、通常のリキッドファンデーションよりもクリームファンデーションに近い物もBBクリームとして扱われています。
そう考えるとBBクリームは、リキッドファンデーションとクリームファンデーションの中間的な役割を果たしているベースメイクアイテムといえるでしょう。

BBクリームとリキッドファンデーションはどっちがおすすめ?

BBクリームか?リキッドファンデーションか?といったことで悩んでいる方も大勢いることでしょう。
BBクリームとリキッドファンデーションは、機能や成分、テクスチャーが異なるので、自分の肌質にマッチした物をチョイスするのがおすすめです。
これからBBクリームが向いているタイプと、リキッドファンデーションが向いているタイプとそれぞれおすすめポイントについて紹介していきます。

シミやそばかすをしっかりカバーしたい

シミやそばかすをカバーするのであれば、コンシーラーの機能が備わっているBBクリームを使用するのがおすすめです。

乾燥肌

乾燥肌の方は、伸びが良く、水分を多く含むリキッドファンデーションを使用すると良いでしょう。

色白の方

色白の方は、コンシーラーの機能付きのカバー力の高いBBクリームよりは、リキッドファンデーションの明るめのカラーを選んで、顔に伸ばしながら薄くメイクすると、色白肌を活かしたナチュラルで透明感のあるベースメイクに仕上がります。

時短メイクを叶えたい

メイクする時間が取れない方は、乳液(美容液)、化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラーといった風に1つで多機能なBBクリームがおすすめです。

艶肌メイクを叶えたい

伸びがよく艶が出るのは、BBクリームよりはリキッドファンデーションです。

肌が荒れている

肌が荒れている人は、BBクリームを使用すると良いでしょう。
BBクリームには肌の傷を修復するといった意味があり、成分にも抗炎症効果や美肌効果の高い物が使用されています。

コストを抑えたい

コスメのコストを抑えたい方は、BBクリームがおすすめです。
BBクリーム1本で、乳液(美容液)、化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラーの機能が備わっているので、それぞれのアイテムを購入する必要がなくなるので、コスメ代を節約することができます。

BBクリームがあればリキッドファンデーションはいらないの?

BBクリームがあればリキッドファンデーションはいらないのでしょうか。
そのことについて解説します。

BBクリームとリキッドファンデーションの両方を使ってもいい?重ね塗りするメリットある?

もしもBBクリームとリキッドファンデーションの両方を使うのであれば、最初にリキッドファンデーションをファンデーション用のスポンジを使用して、顔全体に薄く伸ばしてから、シミやソバカスが気になるパーツや、化粧崩れを抑えたいパーツにだけ、BBクリームを重ね塗りすると良いでしょう。
リキッドファンデーションとBBクリームを重ね塗りした場合に、厚塗りを防ぐためにも、ファンデーションのスポンジを使用するのがナチュラルメイクに仕上げるコツです。
リキッドファンデーションの成分は、粉1:油2:水7で成っていて、水分量が多いので、皮膚に浸けてさっと吸い込めなかった余分な成分は、ファンデーション用のスポンジがしっかり吸い取ってくれるから、浸けすぎてメイクがヨレるのを防いでくれます。
リキッドファンデーションの上にそのままBBクリームを重ねてしまうと、成分がしっかり混ざり合わない場合もあるので、BBクリームをコンシーラーのように部分使いするのがおすすめです。

さいごに

今回は、様々なファンデーションの種類と機能やテクスチャーについて紹介していきながら、同時にリキッドファンデーションとBBクリームの違いや、使い分け方についても紹介してきました。
リキッドファンデーションとBBクリームは、配合されている粉、油、水の量が異なるので、自分の肌質と相談しながらぴったりマッチするベースメイクアイテムをチョイスしていって下さいね。

-BBクリームの知識
-, ,

Copyright© 失敗しない30代におすすめのBBクリームランキング。人気商品はどれ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.